キャラクター紹介:ゼニヤッタ

          

悪魔の令嬢

パラメーター画像(準備中)

役割

・氷魔法アタッカー

・「悪魔覚醒」で自身を超強化

・MP回復技を持ち連戦に優位

・魔法キャラながら高い攻撃力

ゼニヤッタのセリフ 

※画像準備中

初めて出会う強敵

サブイベントである次元の塔1層。
通常の敵と同様にエンカウントしたと思ったら、追いはぎを名乗る悪魔の少女に初めての全滅を食らわされた
そんなプレイヤーも多いのではないでしょうか。

お金を払えば見逃される。戦っても負ければ所持金を取られる。
まだ王国の財政、プレイヤーの所持金が心もとない序盤で、そこを抉ってくる恐ろしい敵。
それが彼女、ゼニヤッタです。

そんな悪魔の少女も、退散して事情を聞けばどうやら世間知らずのお嬢様。
自立した生活のために始めた仕事が、おいはぎ稼業。
悪魔が故か世間知らずが故か、悪行という自覚もなく行われていました。

常識にズレはあるけれど、素は素直な優しい子と判断したデーリッチ。
おいはぎというアコギな稼業でなく、まっとうな仕事で生活を築くため、王国は彼女を受け入れます。

デーリッチへの崇拝と

ハグレ王国民はほぼ全員、デーリッチを慕っていますが、
対等な仲間、または信頼できるリーダーとして親しみを持って接しています。

ゼニヤッタのデーリッチへの態度は、「親しみ」を持って接する他キャラとは一線を画します。
自身を一歩引いた立場に置いて、デーリッチを王として敬い奉っています

デーリッチに対し「畏敬」をもって接しているのはゼニヤッタだけといえるでしょう。

自身を打ち負かした強者に従うのが悪魔の性分なのか、
それとも貴族として身についた王族への礼節なのか、
ゼニヤッタ個人の、「王としての器に惚れ込んだ」というデーリッチへの感情なのか。

もちろんゼニヤッタ個人の感情が大きいと思いますが、「悪魔で貴族」な彼女の性質もそれに関わっているのではないかと思います。

悪魔としての性分とデーリッチへの畏敬が合わされば、その敵に対しては恐ろしく残忍にもなります。

悪魔としての残忍さと、貴族としての気品を兼ね備えた少女。
一言で表すならこう言えるでしょう。

王国民との関係性

つのつのコンビ

普段は穏やかな性格で、王国民と広く交流している彼女ですが、同時期に味方になったこたつドラゴンとは特に仲良しな印象。

作中でも「つのつのコンビ」と呼ばれて、王国で運営する店でコラボしたりしてます。

冥王の娘と

3章以降のため詳しくは書きませんが、後に仲間になる「冥王の娘」とも親しくなります。
王族が故に自由で尊大な娘と、貴族が故の気品を持って接する少女の組み合わせが印象的。
癖のある相手にもフラットに接することができるのは、ゼニヤッタの穏やかな性格にもよるでしょう。

作者のはむすた氏による公式グッズにも、お茶をたしなむ2人が描かれたキーホルダがあります。

https://hamusutagame.booth.pm/items/201752

兄への態度

ゼニヤッタには放蕩者の兄がいたようで、彼を追い出した後に次元の塔に飛ばされ、現在は音信不通。

普段は上品な物言いのゼニヤッタですが、身内の愚兄への言葉には愚痴と悪意が隠せません。「あんぽんたん」なんて他の国民には決して向けられない言葉でしょう。

身内への悪意と共に、身内相手だからこそ感情を晒せる、そんな「素」の部分が見れる数少ない場が兄関係のエピソード。

今のところゼニヤッタが語るエピソードのみで、実際に登場はしてません。
普段とは違うゼニヤッタが見れそうなので、是非ゼニヤッタ兄には本編に出てほしいですね。

主な固有技

ホワイトローズ

ゼニヤッタの攻撃の基本になるであろう、氷属性の全体攻撃魔法。
技を放つ際に優雅に舞うアニメーションは、彼女の高貴さと凶悪さを象徴するような美しさです。

消費MP:7% 消費TP:28

ダブル噛み付き

敵からMPを吸い取って魔力をアップする使い勝手の良い技。
ダンジョン周回やイベント時の消耗戦などで、自前でMPを回復できるのは非常に重宝します。
自力でMPが回復できるのは彼女にしかない特長です。

消費TP:28

「自分のMPを回復しつつ攻撃力を上げ、相手の耐性を下げたところに全体氷魔法をぶち込む」を一人で完結させられる器用さが、彼女の持ち味と言えるでしょう。
物語が進むと、自身の補助を活かせるさらに優秀な氷アタッカーや、自身の魔力を超強化する技なども習得し、更なる幅が持たせられます。

ゼニヤッタ – ざくざくアクターズ – アットウィキ

タグ検索-ゼニヤッタ

↑ゼニヤッタ戦がまとめられている動画です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です