キャラクター紹介:デーリッチ

ハグレ王国の国王

パラメーター画像(準備中)

役割

・ヒーラー

 HP・状態異常などの回復

・ピンチ時の全体蘇生

・魔法系ながら物理攻撃も可能


この物語の主人公・ハグレ王国の国王

召喚された異世界人=ハグレが迫害されていた世界。
ふとしたきっかけで巨大な力を持つアイテム=キーオブパンドラを手に入れたハグレの少女は、無二の親友である参謀のローズマリーとともに、自分たちの国を作るという大きな野望を宣言します
この少女が物語の主人公、デーリッチであり、彼女が創ったハグレ王国の勃興の物語が、今作「ざくざくアクターズ」です。


最大の武器は「仲間」

ある国民はデーリッチを、「他人と仲良くする天才」と称します。

国のリーダーとしてはデーリッチはまだ子供で、頼りないところも多いです。
だけど、人一倍仲間へを思いやる。クセの強いハグレ達を大きな器で受け入れていく。
そんな彼女を慕う仲間が増えることで、国の力になっていく。

そんな、「仲間作りの天才=人たらし力」こそがデーリッチの最大の力

「このゲームはこんな幼子が主役で大丈夫なんだろうか」
初見プレイ時、うっすら感じてた王への不安を最初に溶かしたのが、デーリッチの「器」を感じさせたこのシーンでした。



戦闘の役割=ヒーラー

個の力で引っ張るのではなく、仲間たらしの才能でチームを強くしていくタイプのリーダー、デーリッチ。
そんな彼女を象徴するかのように、戦闘での役割もヒーラー=回復役です。
充実した汎用回復技の他、特別な所持アイテム・キーオブパンドラによる全体蘇生能力が強力です。
キーオブパンドラがヤバいチートアイテムという話は別途記事にしますが、その大いなる力の一端による蘇生技が強すぎ、パンドラ抜きでも優秀な回復技が使えるため、「大事に取っといてピンポイントの回復要因」という、RPGの主人公としては地味な役回りになりがちです。
特に雑魚戦が連続すると、最後まで使われないラストエリクサーになることもしばしば。

アタッカーとしての野心を語るも、腹心・ローズマリーからまさかのぞんざいな扱い。
引き立て役系主人公なのがデーリッチの魅力なんですが、アタッカーとして活躍したいという無邪気なわがままで周囲を振り回すのも彼女の素であり、そんな彼女を理解し付き合うのがハグレ王国のノリ。

アタッカーとして修行するデーリッチの図。
王の本気に全力の悪ふざけで応えるのがハグレ王国民のノリ。



主な固有技

オープンパンドラ

プレイキャラとしてのデーリッチの真骨頂。
1ターン行動不能になるだけで味方を最大3体蘇生+強化させる壊れ技。
初期から「デメリットの少ないメガザル」を運用できます。


デーリッチ覇王拳

修行により虎の心を得たデーリッチの最大奥義。
このゲームでは、魔法攻撃キャラと特技攻撃(物理攻撃)キャラが分かれ、魔法使いにとって物理攻撃力は基本死にステータス。
そんな中、デーリッチだけは「奥義」という固有能力を持ち、攻撃力依存の技が出せるのです。
王様には捨てステータスなどないのでどの項目も存分に強化できますね。
もっとも前述の通り、ヒーラーとして優秀過ぎるが故にこっちはそこまで前面に出なかったりします。

デーリッチ – ざくざくアクターズ – アットウィキ

タグ検索:デーリッチ

キャラクター紹介:デーリッチ” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です